メリットいろいろ「鼻呼吸」

生きていれば、当然呼吸をします。最近、呼吸の仕方にある変化が見受けられるそうです。それは食習慣や育児環境の変化などによって、近年の子どもたちは「口呼吸」がほとんど。クリニックや育児系サイトには口呼吸によって引き起こるさまざまな悪例が紹介されています。

口の渇きや鼻通りはもとより、口呼吸が及ぼす影響は実にさまざま。二重あごや歯の突出、顔面の変形に至る場合も。私も長い間「口呼吸派」でした。さらに体重も人並み以上のためイビキ&歯ぎしりがうるさく、外泊のたびに気をもみました。現在も時々口呼吸になってしまいますが、意識的に気を付けるように努めています。

呼吸は口ではなく「鼻」で行うもの。鼻呼吸を心がけるようになってから、私は痩せました。「呼吸」といえば、世界的に有名な格闘家のトレーニング方法がよく知られています。ヨガをベースにした腹式呼吸法で、最近では男性芸能人もこの方法を取り入れ、ダイエットに成功しているようです。

格闘家のようにはできないので、私の場合は大きく鼻で息を吸って、横隔膜を収縮させるイメージで一定時間、吸って吐いての繰り返し。吸うのも鼻、吐くのも鼻です。呼吸中はおなかが膨れて引っ込むことを意識。この方法を半年間続けて6キロ痩せました。鼻呼吸を意識した生活を送るため、二重あごが解消され、顔のラインもすっきり。イビキも解消されましたが、気を抜くと口呼吸をしてイビキが再発してしまうので、市販のテープを貼っています。

鼻呼吸をするだけなのでお金がかからないのも魅力。ぜひおすすめしたい健康法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です