水をこまめに飲むと体に良い

人間の体の60%ほどが水分でできています。水分が少しでも不足すると頭痛、吐き気、倦怠感、ふらつきなどの不調がでます。人間にとって水分はとても大切な存在です。

毎日しっかり水分を摂っていますか。水を飲むと太るからと水分摂取を控えている女性がいますが、体にとっては好ましくありません。健康を維持するには水分をしっかりとることが大切です。水分不足になると血液がドロドロになって流れが悪くなります。ドロドロした血液では全身の隅々に流れることができず、細胞に酸素や栄養を行き届かせることができません。細胞は栄養不足で代謝が停滞し、不調や老化につながります。

水分を摂ると血液はサラサラと流れやすくなります。全身に酸素と栄養が行き届いて代謝がよくなり、健康に維持や美容に役立ちます。

1日に飲む水の量は1,5~2リットルが目安です。飲みすぎは腎臓に負担をかけたり、胃液が薄まって消化が悪くなります。一度に大量に飲んでもお体が処理しきれないので、こまめに水分補給をします。

常温の水か白湯、ハーブティーなどカフェインを含まないものを飲みます。キンキンに冷えた飲み物は体を冷やして血行を悪くするので控えます。コーヒーや緑茶はカフェインを含んでいて、カフェインの働きでミネラルの吸収が阻害されます。利尿作用があり水分補給には適していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です