慢性疲労と思われる友人と会った

半月前、慢性疲労だという友人に会いました。たぶん、半年ぶりくらいに会ったのかと思うんですが、いつも元気だった友人が少しやつれていて、かなり疲れた様子。どうやら、いくら休んでも疲れが取れずに困っているとのこと。普通に週休2日で、その2日はできるだけ予定を入れずに家に閉じこもって、できるだけ動かずに体を休めているんだとか。

慢性疲労の原因と改善方法を少し調べたことがある私はすぐにわかりました。彼の仕事は完全なデスクワーク。通勤は電車で家から駅までは徒歩1分で、会社から駅までも1分くらい。とにかく運動をしていないんです。

つまり、彼は運動もしていないのに疲れている状態ですから、いくら休んでもその疲れは取れないんですね。ずっと動かないって実はかなり疲れることなんですよね。適度に体は動かさないと体って疲れてしまうんです。だから、彼の慢性疲労の改善方法は「動くこと」なんです。休日に動かずにじっとしていても疲れが取れるはずはないどころか、さらに疲労が蓄積してしまうことになりますし、体力も低下してしまうので、疲れやすい体にもなってしまいます。

そこで彼にアドバイスをしました。というか、喫茶店で会って話していたんですが、すぐに店を出て、しばらく歩きながら話すことにしたんです。そして、これからしばらくはできるだけ体を動かすようにアドバイスしました。

そして、昨日彼から連絡があったのですが、しっかり実践したらしく、今までの疲れが嘘のように消えてなくなったとのこと。正確には運動しているので体に疲労感はあるけど、それは気持ちの良いもので、以前のような疲労感とはまったく違って、気分も明るくなれたとのことでした。やはり人間は動かないといけないんだなって、改めて実感できましたよ。

人にばかりそんなアドバイスをして、正直自分が運動不足だったんで、これはマズイと思い、今日は3キロほどジョギングしてきました。やはり、体を動かすのって気持ちがいいですね。運動の大切さを忘れずにこれからも定期的に運動しようと強く思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です